SpecialContents vol.36 100均アイテムで、オシャレ家具をDIY!

オシャレなインテリアに囲まれて暮らしたいけれど、お気に入りの家具は高価だったり、
ちょうど良いサイズが見つからなかったりすることも多いもの。
そんな時は、100円均一ショップ(100均)で格安に購入できるアイテムを活用して手作りしてみては?
使いやすい商品や、ブックシェルフ、引き出し収納、キーディスプレイなどの作り方をご紹介します。

100均DIYは、初心者にオススメ!

まずは、「100均アイテムを活用したDIY」ならではの特徴と、作業に使う道具についてご紹介します。

材料を“切る”道具は工作用でOK

写真「切る道具 イメージ」

100均のアイテムの多くは、薄くて軽い材質で作られています。そのため、大工さんが使うような本格的な工具ではなく、工作用のハサミやカッター、糸のこぎりなどで簡単に切ることができます。
また、100均で売っている商品は店舗が違ってもサイズ感が同じものが多く、うまく組み合わせれば切らずにDIYできることも。異なるブランドでベストマッチする商品を見つけ出すのも楽しみの一つと言えるでしょう。

釘やネジを使わずに接着できるものが多い

写真「接着する道具 イメージ」

薄くて軽い材料でできた製品同士を接着する場合が多いので、工作用の接着剤や両面テープ、タッカー(またはホッチキス)、グルーガンなどで簡単に接着することができます。
強度を出すために釘やネジを使う場合でも、細くて短いものを使うことが多いので初心者でも作業が簡単です。

手軽にイメージチェンジできる
“優秀アイテム”

しっかりと設計図を書いてから全体を作り上げるDIYは、ちょっと自信がない……。そんな時は、既存のインテリアに100均アイテムを取り入れてイメージチェンジしてみては?

100均には、オシャレな取っ手がいっぱい!

写真「100均の取っ手」

100均には、アンティーク調やロマネスク調、ガラス製など、多彩な取っ手が揃っています。裏からビスやネジで留めるものばかりなので、既存の家具の取っ手を取り替えるだけでイメージが変わって初心者にオススメ!

写真「板に取っ手を付ける」

板に取っ手をランダムに付けるだけでも、インテリアを兼ねた小物掛けとして使えます。
また、工作用の板などと取っ手を組み合わせてプラスチック製の引き出しや書類立ての背面に付ければ、隠す収納に変身。

リメイクシートで簡単に印象を変える

写真「リメイクシート」

大理石やレンガ、英字などバラエティ豊富な柄が揃う「リメイクシート」は、貼るだけで家具や壁といった広い面積のイメージをガラリと変えられる人気のアイテム。
特にレンガ調のものは、柄に合わせて切って数カ所に貼れば、シートの面積よりも広い面の印象を変えられるのでオススメです。

そのままでも、分解しても使える「スノコ」

写真「スノコを分解して使う」

100均DIYで最も汎用性が高い素材の代表格と言えば「スノコ」です。そのまま使用するのはもちろん、マイナスドライバーなどで簡単に分解することもでき、様々なDIYの材料として使えます。

100均材料で、初心者でも作れる
オシャレなインテリアをDIY!

製品そのものの寸法を極力活かして、初心者でも失敗なく作れるアイテムをご紹介します。

棚板を載せれば完成!「ウォールラック2種」

写真「ウォールラック 参考作品」

木製ディッシュラックを半分に切ったもの(またはワイヤー水切りカゴ)を壁にかけ、棚板を載せるだけのウォールラックです。飾り棚にピッタリ!

●木製ディッシュラックの棚

【材料】

写真「木製ディッシュラックの棚 材料」

棚板(木工用またはスノコを分解した板)……2~3枚
木製ディッシュラック……1個

【作り方】

写真「木製ディッシュラックの棚 作り方1」

①H型のディッシュラックは糸ノコなどで左右を切り離し、板の長さより数cm短い間隔で壁に固定する。

写真「木製ディッシュラックの棚 作り方2」

②皿を立てる棒の間に板を載せて棚板にする。

point

●ワイヤー水切りカゴの棚

【材料】

写真「ワイヤー水切りカゴの棚 材料」

棚板(木工用またはスノコを分解した板)……2~3枚
※ワイヤーカゴの横幅より数センチ長いもの
ワイヤーカゴ……1個

【作り方】

写真「ワイヤー水切りカゴの棚 作り方1」

①ワイヤーカゴの底面を壁に付けるように吊り下げる。壁に接している一番上のワイヤーの両端に布などをゆるく巻き、押しピンなどで壁に固定すると手軽。

写真「ワイヤー水切りカゴの棚 作り方2」

②棚板をワイヤーカゴのワイヤーの間に載せて棚板にする。

point

木製BOXを積み重ねるだけ!「飾り棚風スパイスラック」

写真「飾り棚風スパイスラック 参考作品」

縦横比1:2の箱を組み合わせるだけで完成。スパイスラックとしてキッチンに置けば、インテリアのアクセントに最適です。

【材料】

写真「飾り棚風スパイスラック 材料」

縦横比1:2の箱……4つ
両面テープ……適宜

【作り方】

写真「飾り棚風スパイスラック 作り方1」

①箱を縦・横に組み合わせる。

写真「飾り棚風スパイスラック 作り方2」

②それぞれの接地面を両面テープで接着する。

point

スノコと収納BOXで「3段収納」

写真「3段収納 参考作品」

スノコの横板に収納ボックスを載せて使う収納です。2・3段目は、引き出しとして使えます。

【材料】

写真「3段収納 材料」

スノコ……2枚
収納ボックス……3個(奥行きがスノコの幅と同じくらいのもの)
ネジ……4本(長さがスノコの板の厚さの半分程度のもの)

【作り方】

写真「3段収納 作り方1」

①スノコ2枚の一番上の横板に収納BOXを載せ、それぞれネジで2カ所ずつ留める。

写真「3段収納 作り方2」

②残りの収納ボックス2個を①より下の横板にそれぞれ載せる。

point

スノコを組み合わせて「ブックシェルフ」

写真「ブックシェルフ 参考作品」

スノコの横板に板を固定し、アイアンのタオル掛けを落下防止柵にしたブックシェルフです。壁に立てかけるだけで、絵本やCDなどの“見せる収納”に。

【材料】

写真「ブックシェルフ 材料」

スノコ……2枚
木工用の板……2枚(長さがスノコの横幅の2倍のもの)
アイアンのタオル掛け……2本(幅が木工用の板より少し短いもの)
ネジ……8本(長さがスノコの板の厚さの半分程度のもの)
強力両面テープ……板と同じ長さ×2枚

【作り方】

写真「ブックシェルフ 作り方1」

①木工用の板に、アイアンのタオル掛けをネジで留める。

写真「ブックシェルフ 作り方2」

②スノコを並べて横板の上に①を載せ、接地面を強力両面テープで接着する。

point

コレクションボックスで「キーディスプレイ」

写真「キーディスプレイ 参考作品」

木製ボックスに、金網付きの木枠を蝶番で付けてフタにしたキーディスプレイです。

【材料】

写真「キーディスプレイ 材料」

木製ボックス……1個
金網付きの木枠……1枚
蝶番……2個
ネジ……蝶番に付属しているもの
小物掛け用フック……適宜

【作り方】

写真「キーディスプレイ 作り方1」

①木製ボックスの短辺または長辺に、金網付きの木枠を蝶番で取り付ける。

写真「キーディスプレイ 作り方2」

②木製ボックスの中に小物掛け用フックを取り付ける。

point

壁に取り付けるものについては、取り付け可能な場所・重さなどを事前にご確認ください。

100均には、転写シールや塗料、造花といったデコレーションアイテムも豊富に揃っています。家具をDIYした後は、インテリアのテーマに合わせて見た目も自分好みにコーディネートしてみては?

このページの先頭へ戻る