SpecialContents vol.14 ゲストを招いて「お茶会」しよう!

  寒くてなかなか外出したくないこの季節、ご近所さんやお友達を招いてのお茶会はいかが?「お茶+お菓子」を「お茶会」にするだけで、ちょっと贅沢なひとときを楽しめます。簡単に作れて見栄えのするスイーツやアレンジドリンクのレシピ、手持ちの食器・布などを使ったコーディネートの小ワザをご紹介!

まずは飲み物を決めよう

写真「飲み物の種類」
日本の「お茶会」は、お茶を飲むだけでなく好みの飲み物と軽食でコミュニケーションを楽しむ時間が醍醐味です。まずはメインとなる飲み物をチョイスしましょう。お茶もコーヒーも、それぞれ含まれる栄養素や特徴が違いますから、その効能やゲストの嗜好を考慮して選ぶと良いでしょう。
飲み物 特徴

紅茶

効能・特徴など

紅茶フラボノイドには、肌トラブル(老人性シミの発生・メラニン色素の増殖)や生活習慣病 (ガン・高血圧・脳卒中・糖尿病など)を引き起こす「活性酸素」を取り除く作用があります。 また紅茶カテキンが糖分を分解し、脂肪分解作用・脂肪燃焼促進作用のある カフェインも豊富なので、ダイエット中に飲みたいお茶です。

合わせやすいスイーツなど

紅茶は風味が似たスイーツを合わせると美味しくいただけます。アッサムにはカスタードや 生クリームを使ったお菓子、ダージリンには甘くてもクリームなどの油脂分が入っていないお菓子、 アールグレイには柑橘類やチーズを使ったお菓子を合わせてみましょう。

コーヒー

効能・特徴など

いれてから5分以内のコーヒーの香りには、DNAの酸化や心臓の老化を妨げる 抗酸化作用のある物質が300種以上含まれていると言われています。またカフェインには、 眠気や疲労感を取り除いて思考力や集中力を高めたり、利尿作用などがあります。 胃潰瘍があったり、飲むと胃が痛くなる人、貧血の人は飲み過ぎにご注意を。

合わせやすいスイーツなど

香りが芳醇で苦みが強いので、甘いアイスクリームや、コクがあるバター系・キャラメル系・ クリーム系のお菓子、風味が似たチョコレートがよく合います。

ハーブティー

効能・特徴など

ハーブティーは、香草・薬草・スパイスなどに湯を注いで成分を湯に抽出させた飲み物。 乾燥したものが手軽です。リフレッシュしたい時はペパーミントやレモングラスなど、 ゆっくり眠りたい時はフェンネルやカモミールなど、美肌のためビタミンを補給したい時には ローズヒップやハイビスカスなどがオススメです。

合わせやすいスイーツなど

苦みが強いものにはバターやクリームなどの脂肪分が多いお菓子がマッチ。 ほかにもペパーミントにはチョコレート系、カモミールにはチーズケーキや柑橘系、 ローズヒップには生クリーム系やカスタード系のスイーツがよく合います。

飲み物とスイーツの組み合わせを楽しんで

お茶会でメインとなる飲み物として特にポピュラーなのは、紅茶とコーヒーです。ベストマッチするスイーツを発見して、お茶会の楽しみをさらに広げましょう。

エレガントに楽しむアフタヌーンティー

アフタヌーンティー」は、朝起きてから夜眠るまで紅茶を嗜む習慣があるイギリスで、19世紀中ごろから貴族の間に広まりました。色とりどりのジャムスイーツを持ち寄れば、気分も華やかに。会話もはずみます。

写真「お茶会 イメージ」

英国式の「アフタヌーンティー」は、紅茶とともに最初にサンドイッチをいただき、続いてスコーン、最後にスイーツを楽しむ……というスタイル。

日本でも、最近ではホテルのラウンジなどで楽しめますが、堅苦しいテーブルマナーはありません。自宅にゲストを招いて開く"お茶会"なら、わが家ならではの個性を出したいものです。

写真「軽食メニュー イメージ」

軽食メニューは、ホストがすべて準備するのも良いですが、ゲストに持ち寄ってもらうと思いもよらない美味しい出会いが期待できます。

写真「お皿のケーキスタンド」

ケーキスタンドがなくても、手持ちの食器を組み合わせればOK! 皿の上にカップを置き、その上にを置いていけば、ケーキスタンドに早変わりします。 サンドイッチ、スコーン、ケーキを美しく載せたケーキスタンドを囲んで、優雅なひと時を味わって。

素敵なアフタヌーンティーを演出するレシピ

サンドイッチはデリカなどで購入するか、お気に入りの飲食店でテイクアウトし、手づくりのスコーンアレンジティーでおもてなしをするのはいかが?

写真「スコーン」

●型抜きなし!簡単スコーン

材料を混ぜたら、切り分けて焼くだけのスコーン。
チョコチップのほか、ドライフルーツやナッツを入れても美味。クロテッドクリームとジャムを添えていただきます。

■材料 <8個分>
  • ○薄力粉250g
  • ○ベーキングパウダー大さじ1
  • ○砂糖50g
  • ○塩小さじ1/2強
  • ○無塩バター60g
  • ○(A)卵黄1個を溶いて牛乳を足したもの120cc
  • ○チョコチップ50g
  • ○牛乳(焼き色を付けるため表面にぬる)少々
■作り方

1.ボールに薄力粉・ベーキングパウダー・砂糖・塩を入れ、泡立て器で混ぜる。

2.バターを固まりのまま加え、カードまたはタナーを使って小豆大になるまで刻む。

3.バターが小豆大になったら、指で擦りつぶす。バターが指の熱で解けないように手早く行うこと。

4.3にチョコチップと(A)を加え、粉っぽくなくなるまで切るように混ぜ、ひとまとめにする。

5.生地を厚さ1.5~2cmの四角にめん棒などで伸ばし、生地を好みの大きさに切り分ける。

6.オーブンから天板を取り出し、190度でしっかり余熱する。
  オーブンペーパーを敷いた天板に間隔をおいて生地を並べ、表面に刷毛で薄く牛乳をぬり、20分焼く。

※2・3はフードプロセッサーを使ってもOK。

1.
写真「ロイヤルミルクティー」

●大人のロイヤルミルクティー

茶葉をミルクで煮出した濃厚なミルクティー。
角砂糖にブランデーまたはリキュールを染み込ませて加えれば大人の味わいに。

■材料 <ティーカップ2杯分>
  • ○紅茶ティースプーン大盛り2杯
  • ※アッサム、セイロン、ウバなど
  • ○ミルク300cc(カップ1杯半)
  • ○水またはお湯約100cc(カップ半分)
■必須の用具
  • ○手鍋(フタ付きのもの)
  • ○茶こし
  • ○耐熱の小さいボウル
■作り方

1.茶葉は必ずティースプーンに大盛りで計り、
  耐熱の小さいボウルに入れておく。ティーカップに湯を入れて温めておく。

2.完全に沸騰した熱湯を、茶葉がひたひたになるくらい注ぎ、葉を完全に開かせる。

3.手鍋にミルクを入れて火にかけ、沸騰する直前に2をお湯ごと 加えて火を止める。

4.軽くかき混ぜたら、フタをして3~4分蒸らす。

5.蒸らしたらフタを取って軽くかき混ぜ、ティーカップの湯を捨てて、茶こしを使い注ぎ分ける。

6.角砂糖にブランデーかリキュールを1~2滴たらしておくと、大人の香りが楽しめる。
  マシュマロをのせて飲んでも美味しい。

コーヒー&スイーツで“うちカフェ”気分

写真「コーヒー」

コーヒーは何と言っても香りが命。
ゲストが来る前に1杯淹れて、部屋中に漂う香りでお出迎えを。玄関にコーヒー豆を置くのもオススメです。

写真「コーヒー豆」

正統派なら豆の種類(産地・焙煎)にこだわりましょう。
あらかじめ、ゲストに好みを聞いておくのがベスト。
好みがわからない場合は、ブレンドコーヒーのベースとして使用されることの多いブラジルコロンビアなどクセの少ない豆を選ぶと良いでしょう。

写真「アレンジコーヒー」

カフェのメニューに並ぶようなアレンジコーヒーが好きなゲストなら、ホイップクリームトッピング(キャラメルやチョコレートクリーム、ナッツなど)の用意も忘れずに。

ラテアートは、カプチーノの上にコーヒー豆(粉)かココアパウダーを振るだけでも特別感がアップします。

ゲストが喜ぶカフェメニューにチャレンジ

手づくりのレアチーズケーキをテーブルで切り分けて、こだわりのコーヒーとともに特別な時間を過ごして。盛り付ける皿に模様を描いたり、アレンジコーヒーにラテアートを描くなど、ひと手間かけるだけでカフェ気分が盛り上がります。

写真「レアチーズケーキ」

●混ぜて冷やすだけ!レアチーズケーキ

なんと混ぜて冷やすだけで作れる、超簡単な濃厚レアチーズケーキ。好みのジャムに少量の水を加えて作った ソースをかけて召し上がれ。

■材料 <18cm丸型>
  • ○クリームチーズ200g
  • ○砂糖60g
  • ○ヨーグルト(無糖)200g
  • ○生クリーム100g
  • ○ゼラチン7g
  • ○市販のタルト台(直径18cmのもの)
■下準備
  •  板ゼラチンを水に漬けてふやかしておく。
  •  クリームチーズを常温にしておく(冷蔵庫から出して1時間程度放置)。
■作り方

1.ボウルにクリームチーズと砂糖を入れてよく混ぜ、なめらかになったらヨーグルトと生クリームを加えてさらによく混ぜる。

2.ふやかしたゼラチンを電子レンジで60~90秒加熱してか溶かし、1の生地に加えてよく混ぜる。

3.市販のタルト台に流し入れ、ラップをかけて冷蔵庫で固める(6~12時間目安)。

1.
写真「カフェモカ」

●ホイップとチョコソースをON!カフェモカ

コーヒー独特の苦みに、チョコレートの贅沢な甘さがマッチ。ホイップクリームの上にチョコレートソースで模様を描けば、自宅でもバリスタ風のアレンジコーヒーを手軽に楽しめます。

■材料 <コーヒーカップ1杯分>
  • ○エスプレッソ1ショット
  •  (または濃くいれたコーヒー 50cc)
  • ○ミルク130 cc
  • ○お湯50 cc
  • ○ホイップクリーム(市販のムース状のものや、
    泡立て済みのものでもOK)適量
  • ○チョコレートソース15cc(大さじ1)
■作り方

1.ミルクを70度くらいに温める(沸騰させないこと)。

2.エスプレッソまたは濃いコーヒーをカップに用意する。

3.2にチョコレートソースを加えて混ぜる。

4.3にミルクを注ぐ。

5.4にホイップクリームを適量のせる。

6.ホイップクリームの上に、チョコレートソース(分量外)で模様を描く。

■模様の作り方
1.

チョコソースでくるくると円を描く。

綿棒または楊枝で中心に向かって表面をひっかく。

完成!

おもてなし感がアップする小ワザ

お茶会のコーディネートは、食事メインのホームパーティーほど大げさにせず、少し手を加えるくらいの感覚で演出するのがコツです。
写真「レースペーパー」

ケーキや焼き菓子の下、カップとソーサーの間などにレースペーパーを敷けば、上品な雰囲気に。

写真「テーブルクロス」

料理の色の一部と同じ色が入ったテーブルクロスを敷くと、空間に統一感が出ます。

写真「花を飾る」

カップにを挿して飾ると、スイーツなどの存在感を消さず可愛らしい雰囲気に。

写真「食器の柄に合わせた花」

食器の柄と同じ花を飾るのも素敵です。

一度開けば何度でも開きたくなる"お茶会"。ゲストとの親密度もアップして、マイホームで過ごす時間がより楽しくなるはずです。さっそくおしゃべり仲間に声をかけて、ちょっと贅沢な時間を味わってみてはいかがですか?

このページの先頭へ戻る