アフターサービスとは

アフターサービスとは、ご購入いただいた物件の不具合箇所の補修を、一定の条件のもとに無償で行うものです。また、その期間は、建物の部位や不具合の状況により異なり、売買契約時にお渡ししている「アフターサービス業務規準」に基づいて行います。
オリックス不動産では、お客様満足度向上の観点から、(社)不動産協会標準のアフターサービス規準とは異なり、アフターサービス期間の延長などの独自の「アフターサービス業務規準」を採用しています。
アフターサービスをご理解いただく上で、一度「アフターサービス業務規準」をご覧いただくようお願いいたします。
※「アフターサービス業務規準」の内容は、ご購入のマンションによって、異なる場合があります。

アフターサービス業務と管理業務の違い

アフターサービス業務と管理業務は混同されやすいですが、基本的に異なるものです。

アフターサービス業務

アフターサービス業務は、マンションの売主であるオリックス不動産が、売買契約時の契約条項として「アフターサービス業務規準」に基づき、不具合箇所の点検及び補修業務を行うものです。点検・補修に必要な費用は、オリックス不動産が負担します。
※アフターサービスを受けるには、適切な維持管理が前提となります。

管理業務

管理業務は、「管理規約」や「管理委託契約」などに基づき、管理会社が管理組合に代わってマンション内の点検・維持、または修繕に関する企画や実施の調整を行います。それらに必要な費用は、管理組合の負担となります。

管理業務は管理会社へ委託する

このページの先頭へ戻る